アビ猫ピース

アビシニアン ピースの日記

牡丹の蕾

前回の記事に
優しいコメント有難うございます

医者からは病院での看取りを勧められましたが
延命の為、苦しむよりは
また家に帰りたいという母の希望を尊重しました

2014_0401_150447-IMG_8780_convert_20140401154011.jpg


『アミロイド―シス』という病気は繊維状の悪いタンパクが
身体中の臓器に沈着し全てを破壊します
老齢に至っては、治療の術がない、恐ろしい難病です
後は痛みを緩和するようなケアだけ・・・

2014_0401_145518-IMG_8758_convert_20140401153906.jpg


入院中も家でも、ずっと母を見て来てどれだけ
病気と戦ってきたか知っています
これから残り少ない日々
少しでも安らかな時を過ごせるよう
又自宅にて看て行きます

2014_0401_150715-IMG_8788_convert_20140401154521.jpg
トボトボ歩く後ろ姿のピースも寂しげ…でも君は食欲旺盛だから大丈夫だよ

これからはもう私一人では無理なので
緩和ケアに熱意のある在宅医療専門の先生を紹介していただき
往診や訪問看護の手配を早急にしました
病院のように「医療的に医学的にどう」だけではなく
「患者の心や家族の気持ち」に添ってくれます

2014_0401_150558-IMG_8785_convert_20140401153609.jpg

必要な酸素や輸液の管理も安心
24時間対応していただけます

病院から帰る途中
『桜の花が咲いている』と喜ぶ母

家に帰り玄関前の花壇には沢山の牡丹の蕾
それを見た笑顔の母に
「大好きな牡丹の花、今年もいっぱい咲くね」

2014_0401_152229-IMG_8802_convert_20140401154119.jpg


ささやかだけど、今はこれが精いっぱいのごちそうです
母のベットから見える場所にお花をいっぱい並べました

2014_0401_152037-IMG_8799_convert_20140401155717.jpg


ぽちさん、kana*さん、hanaさん、アイシスちゃまのママ様
コメントのお返事この場にてまとめてさせていただきますが
励みになりました
ありがとうございます。
スポンサーサイト
  1. 2014/04/01(火) 16:20:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<おばあちゃんの誕生日 | ホーム | おばあちゃん入院>>

コメント

ニノクミさん こんばんは。
お母様とご自宅で過ごせるのですね。
たくさんのお花を見れて、お母様もうれしいでしょうね。

私の父は緩和ケア病棟に入るまでの約3週間、在宅療養してました。
そのころ庭で咲いたミモザを見て、
きれいだなと言っていた父のこと 思い出しました。

往診や訪問看護、どんどん頼ってくださいね。
私の両親は夜遅くに来てもらうのは悪いと思ったのか、
夜中に辛いのを我慢してしまっていたので。。
  1. 2014/04/01(火) 21:38:14 |
  2. URL |
  3. sayan #.NpOk33k
  4. [ 編集 ]

そうですか
お母様 ご自宅に帰られたんですね
いつだって最愛の娘がそばにいてくれるのだもの
お母様は心強いでしょうね

大好きな家で、季節の移り変わりを草花から感じて
日々過ごせる事は 平凡のようで一番幸せな事かもしれませんね
ニノクミさんの決断は 間違っていないと思います

これから心身ともに お辛い時があるかもしれませんが
どうかご自愛くださいね
ニノクミさんが元気じゃなきゃね!
  1. 2014/04/01(火) 21:57:14 |
  2. URL |
  3. ぽち #HK54NBcs
  4. [ 編集 ]

ニノクミ様の、心の葛藤・・・
お母様には、一日でも長く生きていて欲しい。
でも、延命措置で、苦しい思いをさせたくない。

今の時代、施設か、病院で最後を迎えることがほとんどです。

家で、最愛の娘についていてもらえるなんて、お母様は幸せだと思いますよ。
誰だって、家にいたいんです!
大変なこともあると思いますが、主治医の先生と連携をとって、皆様が幸せなひと時を迎えられますように・・・



ピース君も、お母様の慰めになってくれますね。
  1. 2014/04/01(火) 23:56:02 |
  2. URL |
  3. アイシスちゃまのママ #-
  4. [ 編集 ]

お母様をお家で看取る決断をされたニノクミさんはすごい方だと思います。
今までもお母様を看てこられた方だからこそ、できる決断ですね。
ワタシも個人的には、お家で最後を。と思います。

病院では、特に急性期病院での最後は、ご家族の方、ご本人が望むような
形にはなかなかなれないと思われます。
痛みをとり、苦しみを最大限取り除いてあげて、好きなお家で
大好きな娘さんと過ごせる方が、病院で付き添ってあげるよりも
ずっとお母様もニノクミさんもいい時間が持てると思います。

在宅医療に熱心で、緩和ケアもされている先生がいらっしゃるのは
とても心強いですね。
そこの先生、スタッフの方々と強い信頼関係が築けますように・・・
穏やかに大切な時間がご家族の方々と一緒に過ごせますように・・・

ニノクミさんもお体をご自愛くださいませ。
  1. 2014/04/06(日) 14:19:20 |
  2. URL |
  3. チャオママ #-
  4. [ 編集 ]

Re: sayanさま

コメントありがとうございます

そうですか…sayanさまのお父様も・・・
一度は家で過ごすことが出来てよかったですね
終末期、本人はとても孤独な時だと思います
今の母を見ていると現実と幻覚の間を
行ったり来たりしているようです

  1. 2014/04/14(月) 17:06:06 |
  2. URL |
  3. ニノクミ #-
  4. [ 編集 ]

Re: ぽち様

コメントありがとうございます

ついに決断しましたが
これでよかったと思うことにしています
母は気丈で「松の手入れをするんだ」と言い出したり…
「私がやるからー」と言うと安心し
仕事は増える一方です(笑)
これが親孝行かな?

いつもご心配有難うございます




  1. 2014/04/14(月) 23:12:30 |
  2. URL |
  3. ニノクミ #-
  4. [ 編集 ]

Re: アイシスちゃまのママ様

コメントありがとうございます

その人の性格にもよりますが
母の場合、この決断しかないと思いました
何度も病院の医者から命のカウントをされているような
言葉を聞きウンザリでした

往診の先生は緩和専門なのでとても優しいです

  1. 2014/04/14(月) 23:29:14 |
  2. URL |
  3. ニノクミ #-
  4. [ 編集 ]

Re: チャオママさま

コメントありがとうございます

母は元看護師で昔、往診や訪問看護もやっていた
経験者でして、人の世話になりたくないと一点張りでした
しかし今となっては家で看護を受けることを承知してくれ
良かったと思っています

母の世話が出来ることに喜びを感じています

  1. 2014/04/14(月) 23:45:39 |
  2. URL |
  3. ニノクミ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ninokumi61.blog.fc2.com/tb.php/132-fe180130
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)